3ワークスでチャンピオンを
獲得した稀有なドライバー

ユハ・カンクネン – Juha Kankkunen

1959年フィンランド・ラウッカ出身。WRCデビューは79年1000湖ラリー。トヨタ、プジョー、ランチア、トヨタ、フォード、スバル、ヒュンダイでWRCに出場。1986、1987、1991、1993年WRCドライバーズチャンピオンを獲得。2002年WRCを引退するも、いまだにヒストリックカーラリーイベントなどに出場。

1991年はランチア・デルタインテグラーレで3度目のタイトルを獲得。当時のサファリラリーは、アニマルガードが装着されている

ラリーとアイスレースを趣味としていた父ペッカから、子供の頃にアイスレースを教えて貰ったユハ・カンクネン。ユハのラリースタートは、1978年のフォード・エスコートRS2000でフィンランド選手権にしたことだった。その年は5戦に出場。翌79年の地元フィンランドで開催された1000湖ラリーでは初WRCだったが総合14位フィニッシュ。

83年にはフィンランド人にとっても伝説のドライバーであるティモ・マキネンの推薦でTTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)に入る。この年の1000湖ラリーではその期待に応えるようにセリカ・ツインカムターボで堂々の総合6位フィニッシュ。カンクネンはTTEを足掛かりに「フィライング・フィン」へと飛躍する最初の大きな一歩となった。85年のサファリラリーではセリカ・ツインカムターボでWRC初優勝。同年のアイボリーコーストラリーで2勝目を挙げた。カンクネンは、このTTEでラリーの戦い方を学んだと言われている。

翌86年にはプジョーに移籍、205ターボ16E2でWRC3勝を挙げ初のドライバーズチャンピオンを27歳で獲得した。これは当時の最年少チャンピオンだった(95年にコリン・マクレーが27歳と109日で更新)。

1986年グループBプジョー205T16 E2でWRCチャンピオンを獲得

1986年グループBプジョー205T16 E2でWRCチャンピオンを獲得

車両規則がグループBからグループAに変わった87年はランチアに移籍。デルタHF 4WDで2勝を挙げチャンピオンを連覇。カンクネンは88年にTTEに復帰、89年のオーストラリアではセリカGT-FOUR ST165の初優勝を挙げた。これはトヨタの4WDラリーカー初優勝となった。

88年にはプジョー205T16のラリーレイド仕様でパリ~ダカールラリーに出場し、優勝している。

90年には再びランチアに加入。ドライバータイトルをトヨタのカルロス・サインツと争うもサインツにタイトルを奪われシーズン3位に。しかし翌91年にはランチアで3度目のドライバーズチャンピオンを獲得した。

93年には再びTTEに復帰し、新型セリカGT-FOUR ST185をドライブ。この移籍は、当初TTEが予定していたサインツが、スポンサー問題で他チームへ移籍。そのシートを埋めるかたちでの復帰だった。復帰したTTEでは新型セリカGT-FOUR ST185が投入されたばかりで開発と熟成が難航、苦戦を強いられたものの自身4度目のドライバーズチャンピオンと、チームにマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献した。

93年カンクネンのコ・ドライバーに就いたニッキー・グリストは「ラリーの時のユハは、いつも沈着冷静。本番の時に緊張しているユハを見たことがない。ユハは経験の塊で、毎ラリーが僕にとって貴重な時間だ」、と称賛している。カンクネンのラリースタイルは、得意なグラベルラリーよりも不得手とされるターマックラリーにあらわれる。優勝や高得点はグラベルラリーで獲ればいい。ターマックラリーではスタートから無理をして飛ばす必要はない、ラリー終盤まで待てば結果はそこでついてくる、としている。だがターマックで遅いわけではない。93年WRCでターマックイベントの1戦カタルニアでは、前出のコ・ドライバー、グリストと組んで間もない時ではあったが、ステージを攻めて3位でフィニッシュしてみせたのだ。

1993年のサファリラリーに出場するTTEは4台のラリーカーを投入。背後は支援のサービスカーとスタッフ

96年までTTEで走ったユハは、97年からフォードに移籍し98年までエスコートWRカーを走らせる。99年から新天地スバル・ワールドラリーチーム(SWRT)に移籍した。カンクネンはもう優勝を狙えないかと思われていたが、地元フィンランドではインプレッサWRC99で優勝。そしてこれがカンクネン最後の優勝となった。

2001年のフィンランドではヒュンダイら、ヒュンダイ・アクセントWRCで出場。翌2002年もヒュンダイでWRCに参戦するが、この年限りでカンクネンは第一線を退いた。

2007年には、自身が所有するベントレー・コンチネンタルGTで氷上世界速度記録を樹立。平均時速は321.65キロ、最高時速331キロだったが、2011年にはベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブルで平均時速330.695キロを樹立した。 

カンクネン最後の優勝となった1999年のフィンランド

ユハ・カンクネン WRC勝利の記録

回数 イベント名 コ・ドライバー マシン
1 1985 サファリラリー フレッド・ギャラハー トヨタ・セリカ・ツインカムターボ
2 1985 アイボリーコーストラリー フレッド・ギャラハー トヨタ・セリカ・ツインカムターボ
3 1986 スウェディッシュラリー ユハ・ピロネン プジョー205T16 E2
4 1986 アクロポリスラリー ユハ・ピロネン プジョー205T16 E2
5 1986 ニュージーランドラリー ユハ・ピロネン プジョー205T16 E2
6 1987 オリンパスラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタHF4WD
7 1987 RACラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタHF4WD
8 1989 オーストラリアラリー ユハ・ピロネン トヨタ・セリカGT-FOUR ST165
9 1990 オーストラリアラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタインテグラーレ16V
10 1991 サファリラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタインテグラーレ16V
11 1991 アクロポリスラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタインテグラーレ16V
12 1991 1000湖ラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタインテグラーレ16V
13 1991 オーストラリアラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタインテグラーレ16V
14 1991 RACラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタインテグラーレ16V
15 1992 ポルトガルラリー ユハ・ピロネン ランチア・デルタインテグラーレ16V
16 1993 サファリラリー ユハ・ピロネン トヨタ・セリカGT-FOUR ST185
17 1993 アルゼンチンラリー ニッキー・グリスト トヨタ・セリカGT-FOUR ST185
18 1993 1000湖ラリー ニッキー・グリスト トヨタ・セリカGT-FOUR ST185
19 1993 オーストラリアラリー ニッキー・グリスト トヨタ・セリカGT-FOUR ST185
20 1993 RACラリー ニッキー・グリスト トヨタ・セリカGT-FOUR ST185
21 1994 ポルトガルラリー ニッキー・グリスト トヨタ・セリカGT-FOUR ST185
22 1999 アルゼンチンラリー ユハ・レポ スバル・インプレッサWRC99
23 1999 1000湖ラリー ユハ・レポ スバル・インプレッサWRC99

WRCレジェンド・ドライバー TOP

Silver Partner

  • 三井住友海上火災保険株式会社

Bronze Partners

  • 株式会社アクトホールディングス
  • 株式会社チェリオジャパン
  • 株式会社イープラス
  • プーマ ジャパン株式会社

Official Supporters

  • 株式会社 JTB
  • 株式会社タマディック

Media Partners

  • 株式会社中日新聞
  • 東海テレビ放送株式会社
  • 株式会社CBCテレビ
  • 中京テレビ放送株式会社
  • メ〜テレ
  • テレビ愛知株式会社
  • 株式会社CBCラジオ
  • 東海ラジオ放送株式会社
  • 株式会社エフエム愛知
  • 株式会社ZIP-FM