未分類

「GO TO ラリージャパン2021」名古屋で開催

ラリージャパン事務局は、21日、名古屋市内でプロモーションイベント「GO TO ラリージャパン2021」を開催し、その場で来年11月に行われる「FIA世界ラリー選手権(WRC)ラリージャパン2021」の開催概要を発表し、大会優勝トロフィーを初公開しました。

ラリージャパン2021 トロフィー を抱える高橋浩司会長(左)と、大村秀章知事(右)

名古屋市栄のミツコシマエ ヒロバスで開かれたこの催しの冒頭、ラリージャパン2020実行委員会の高橋浩司会長から、来年の開催にあたっては、中止された今年の大会設計を基本的に踏襲することが明らかにされました。11月11日(木)に名古屋市内でセレモニアルスタートを実施。次いで競技会は翌12日(金)から14日(日)の3日間、愛知・岐阜の両県を舞台として、岡崎市、豊田市、新城市、長久手市、設楽町(以上愛知県内)、恵那市、中津川市(以上岐阜県内)にスペシャルステージが設定されます。大会のメイン会場を長久手市の愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)、サテライト会場を岡崎市の岡崎中央総合公園、大会本部とサービスパークを豊田市の豊田スタジアムに置くことも併せて発表されています。

ラリージャパン2021 開催概要を発表する高橋浩司会長

続いて臨席の愛知県・大村秀章知事から大会開催へ向けての期待が述べられ、さらには高橋会長と大村知事の手によって、ラリージャパン2021 の優勝トロフィーが初公開されました。白地に赤の日本を意識した配色となっているトロフィーは、WRC ドライバー部門と製造者部門の大会優勝者に贈呈される2種類。ドライバーの優勝トロフィーは高さ57センチ、重さ約4キロで、優勝コ・ドライバーにも同じものが贈られます。また製造者のトロフィーは高さ38センチ、重さ4キロ。いずれのトロフィーも日本を代表する国際的ブランドのひとつである、ノリタケの手による磁器製です。

ラリージャパン2021 優勝トロフィー ドライバー部門(左)と製造者部門(右)

イベント会場では、現在のワールドラリーカーであるヤリスのレプリカや往年の名車などが展示され、WRCの歴史を実感できるようになっています。また各種PRブースやステージショー、WRC関連国の料理が販売されている飲食ブースなども設けられ、新型コロナウイルス感染症対策の取られる中、多くの人々が足を止めてラリージャパンの魅力に触れていました。同イベントは22日も開催されます。

ラリージャパン2020実行委員会・高橋浩司会長コメント
「ラリージャパンをより多くの方に観戦していただき、ラリーの醍醐味や世界レベルの迫力を体感していただけるよう、開催自治体の協力をいただきながら、より良いイベントを組み立てられるよう努力してまいります。来年の大会を皆様のご理解ご支援のもとに成功させることをお約束したいと思っております」

愛知県・大村秀章知事コメント
「自動車の文化の一つであるモータースポーツを、世界一の自動車産業の集積地であるこの愛知県から大いに盛り上げていきたい。こういう使命、ミッションがあると思います。ですので、このラリージャパン2021を皆さんと一緒に盛り上げて行きたいと思います」

関連記事

Silver Partner

  • 三井住友海上火災保険株式会社

Bronze Partners

  • 株式会社アクトホールディングス
  • 株式会社チェリオジャパン
  • 株式会社イープラス
  • プーマ ジャパン株式会社

Official Supporters

  • 株式会社 JTB
  • 株式会社タマディック

Media Partners

  • 株式会社中日新聞
  • 東海テレビ放送株式会社
  • 株式会社CBCテレビ
  • 中京テレビ放送株式会社
  • メ〜テレ
  • テレビ愛知株式会社
  • 株式会社CBCラジオ
  • 東海ラジオ放送株式会社
  • 株式会社エフエム愛知
  • 株式会社ZIP-FM